竹之下松兵衛

「竹之下松兵衛さんの物語」

黒酢の発明者と言われる竹之下松兵衛さんを日本で初めて物語として描いた小説、「黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-」鹿児島学術文化出版より好評発売中です。

f:id:looby-kou:20160831223910j:plain

神野幸太郎さんが描く情熱と感動の物語です。鹿児島の新たな歴史と文化の再発見!

・ブックスオプシアミスミさん

・AZ かわなべさん

・道の駅 かわなべさん

・晴天街さん

・鹿児島学術文化出版さん

・書店さん

ミュージアム陽だまり

で好評発売中です。

黒酢

 

黒酢といえば

 九月になりました。黒酢といえば、黒酢を発明したといわれる竹之下松兵衛さんを日本で初めて描いた作品黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-」は、好評発売中です。神野幸太郎さんが描く情熱と感動の世界です。

 黒酢誕生について描かれたこのも語りは、各登場人物の個性豊かなストーリー展開を繰り広げられています。

また、黒酢の仕組みなども詳しく説明してあり、今までにない感動の物語!!

 さらにもう一つは、日本を代表する石工、岩永三五郎さんについて描かれた「岩永三五郎物語-幻の石橋-」も好評発売中です。

f:id:looby-kou:20160802145754j:plain

神野幸太郎さんが描く情熱と感動の世界

好評発売中です。お求めは

・AZ かわなべ店さん

・道の駅 かわなべさん

・オプシアブックスミスミさん

・晴天街さん

・鹿児島学術文化出版さん

・書店さん

ミュージアム陽だまり

で好評発売中です。

 

エコミュージアム福山  

エコミュージアム福山

エコミュージアム霧島市福山で 

霧島市福山町でエコミュージアムの実践をしてきた神野幸太郎さん。

 

 講師として地域学を指導する傍ら、長年、歴史散策、マップ作りや活動冊子やチラシを手掛けてきた神野幸太郎さんは、ミュージアム陽だまりという新しいレーベルを立ち上げて二つの本を鹿児島学術文化出版から出版しました。

 エコミュージアム福山は、2010年にエコミュージアム福山の会として発足されましたが、神野さんが活動チラシなどを制作していく中でエコミュージアム福山と名前を新しく作成しましたエコミュージアムは、フランスで生まれた地域学や社会教育の一つで地域の文化を生かして「まちごと博物館」まち全体を博物館という理論です。日本の地域には、それぞれの貴重な歴史や文化があります。エコミュージアムは、日本にあった地域づくりの一つです。フランスでは、エコミュージアムではなく、エコミューゼと発音します。神野さんが地域学から民俗学、考古学などの研究をエコミュージアムの活動に活かして福山の歴史と文化を発信してきました。

神野さんは、種子島に勤務中は、土日を利用して毎回、活動していました。本当に苦労されて、現在に至っています。

 黒酢の発明者である竹之下松兵衛さんを初めて描いた時代小説!!まだ、だれも扱ったことのない題材です。数少ない文献を調べ上げ完璧なストーリーは数多くの読者様から感動の声が聞こえてきます。

作家としての真骨頂ともいえるべき情熱の作品です。

黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-」

f:id:looby-kou:20160831223910j:plain

 

 神野幸太郎さんは、2006年度から本格的に霧島市福山町の歴史や文化を研究し、エコミュージアムの可能性を探求してきました。

 現在、霧島市のホームページでダウンロードできる「まるごとすっ霧マップ」の企画をして制作にかかわりました。

 エコミュージアム福山では、企画推進の代表として歴史マップ・黒酢の里マップを制作し、多くの観光客や学生等に福山の魅力を発信してきました。

また、ミュージアム陽だまりでは、黒酢の里をもっとアーピールするとともに新しい黒酢の里マップも制作しています。

親しみある語り口で案内される神野さんの魅力は、日本を代表する人物の一人であります。さらに郷土の歴史を掘り出した結果、竹之下松兵衛さんや岩永三五郎さんのような素晴らしい人物の物語を制作したのです。

岩永三五郎さんの時代諸説は、他にも一冊ありますが、神野さんの書かれたものは、三五郎さんたちの制作の風景を物語として書かれ、リアリティある作品となっています。

「岩永三五郎物語-幻の石橋-」

f:id:looby-kou:20160831225109j:plain

多くの福山活性化の企画をしてきた神野さんですが、小学校との郷土学習などの企画を提案したのも、神野幸太郎さんです。

福山町の豊かな歴史や文化を発信してきた神野さんの書いた本は、

ブックスミスミさん、AZかわなべさん店、晴天街さん、書店、道の駅かわなべさん、鹿児島学術文化出版さん、ミュージアム陽だまりさんで好評発売中です。情熱と感動の物語をぜひ体感してみてください。!! 大ヒット中です!!

f:id:looby-kou:20160831225619j:plain

長年、福山町でエコミュージアム福山としての可能性を探求し続けて活動されている神野さんの真骨頂ともいうべき作品は日本で初めて書かれた黒酢誕生物語そして感動の岩永三五郎物語は、好評発売中です。

 

 

 

 

 

岩永三五郎物語-幻の石橋-そして黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-感動の物語

神野幸太郎さんが描いた情熱と感動の大好評発売中の本です。

一つ目は「岩永三五郎-幻の石橋-」

情熱と感動の歴史小説みんな待っていた!!

f:id:looby-kou:20160802124156j:plain

 霧島市福山町には、岩永三五郎さんが五大石橋よりもだいぶ前に建造したといわれる福山港と薩摩で初めて造ったと言われるアーチ型の水汲み場が現在も残されています。

ストーリーは、薩摩藩の財政改革から岩永三五郎さん率いる種山石工団を呼び寄せるというところから始まり、薩摩の治水工事に大きな貢献をしたことを描いています。

 今までにないストーリー展開に誰もが感動するでしょう。鹿児島学術文化出版より、大好評発売中であります。AZかわなべ店さん、オプシアブックスミスミさん、晴天街、道の駅かわなべさんで大ヒット発売中です。

 

もう一つは、感動と情熱の物語です。

黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-

男女問わず、子どもさんから大人まで感動の声が多く聞こえています。

 今まで、黒酢の発明者と言われる竹之下松兵衛さんについて描かれた本はありません。著者である神野幸太郎さんが長年、霧島市福山町でエコミュージアムの研究や活動をして、これは、福山町の大きな宝だと思い、調べ上げ書き上げました。

 物語は、竹之下松兵衛さんが黒酢を誕生する背景と当時の福山や薩摩の背景を季節感を感じながら書き上げています。

 黒酢という鹿児島の神秘的な特産物を開発したといわれる祖、竹之下松兵衛さんの情熱をぜひ、感じてください。AZかわなべ店さん、オプシアブックスミスミさん、晴天街、道の駅かわなべさんで大ヒット発売中です。

f:id:looby-kou:20160802124100j:plain

神野幸太郎さんが放つ感動と情熱の物語は、堂々、発売中です。

f:id:looby-kou:20160802145754j:plain

 

 

 

 

鹿児島の文化を題材にした本、「黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-」「岩永三五郎物語-幻の石橋-」

鹿児島の文化を題材にした本

ミュージアム陽だまりが自信を持って、ご紹介する二つの本です。鹿児島学術文化出版から発売されました。情熱の物語が涙と感動を描いてついに完成しました。

 

f:id:looby-kou:20160802145754j:plain

神野幸太郎さんが描く情熱感動の物語です。

一つ一つの言葉に魔法のような素敵な言葉がさく裂されています。感動間違いなし!!

読者からは、感動の声が聞こえています。日本で一番感動する物語です。

 

AZかわなべさん、オプシアブックスミスミさん、鹿児島学術文化出版、晴天街さん、県内の書店で好評発売中です。

f:id:looby-kou:20160802124156j:plain

f:id:looby-kou:20160802124100j:plain

 

 

 

 

 

 

 

竹之下松兵衛、情熱のアマン

 

お待たせしました。

黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-」大好評発売中です。

黒酢の発明者である竹之下松兵衛についてはじめて描かれた情熱の物語です。

今まで、竹之下松兵衛について描かれた物語はありません。

著者である神野幸太郎さんが日本で初めて黒酢物語を描きました。

この作品は、舞台化、映像化を目指して、描かれているため、しっかりとしたストーリー展開で描かれています。

 

好評ぶりは、書店でもうかがえます。

AZかわなべ店さんでは、元都知事の作品「天才」、芥川賞作品「コンビニ店員」に並んで、神野幸太郎「黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-」トップ3に並んでいます。大好評発売中です。トップ3にランクイン!!

黒酢誕生の感動をぜひ、読んで見てください。ミュージアム陽だまりが自信をもってご紹介したいと思います。f:id:looby-kou:20160810233913j:plain

トップ3に並んで好評発売中です。トップにランクイン

販売店舗は、オプシアミスミさんでも好評発売中です。

忘れていけないのが「岩永三五郎物語-幻の石橋-」です。

岩永三五郎が建造した鹿児島の五大石橋について、福山の薩摩発のアーチ型水汲み場建造について今までにない本格的ストーリーで描かれた物語です。

神野幸太郎の真骨頂ともいうべき自信作であります。

f:id:looby-kou:20160802124156j:plainオプシアミスミさんで好評発売中!!

最後の一行まで目が離せない本格的歴史物語、感動間違いなしです。

神野幸太郎の世界が二つの大ヒット作品として放たれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン- 

 黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-」

黒酢の発明者と言われる竹之下松兵衛が黒酢を誕生させる奮闘記を描いた作品です。

物語では、松兵衛をはじめとする登場人物が、当時の薩摩藩を背景に奮闘する様子も描いています。また、松兵衛と妻である、お麻の愛情も目が離せない展開です。

何よりも黒酢が誕生する過程は、竹之下松兵衛の情熱が、ありました。

大人から子どもたちまで、黒酢の誕生秘話を面白く、そして感動的に理解して、読んでもらえる作品です。

感動と情熱の物語「黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-」ついに完成です。

 オプシアブックスミスミさん、AZかわなべさん、道の駅かわなべさん、晴天街ネットショッピング、鹿児島学術文化出版でも発売中です。

f:id:looby-kou:20160802124100j:plain

 

「岩永三五郎物語-幻の石橋-」

そしてもう一つは、岩永三五郎物語-幻の石橋-

かつて鹿児島市を流れる甲突川には、江戸時代後期建造された玉江橋、新上橋、西田橋、高麗橋、武之橋の五大石橋がありました。それらを建造したのは、肥後の石工である岩永三五郎とそのその石工団「種山石工団」であります。

岩永三五郎が薩摩で手掛けたといわれる水汲み場が霧島市福山町に残されています。

物語は、薩摩で造り上げる石橋造りを中心に描かれています。こちらも今まで描かれることのなかった物語です。

f:id:looby-kou:20160802124156j:plain

神野幸太郎が描く感動の物語 堂々完成!!

f:id:looby-kou:20160802145754j:plain