竹之下松兵衛

「竹之下松兵衛さんの物語」

 黒酢(松兵衛酢)の発明者である竹之下松兵衛さんを日本で初めて物語として描いた小説、「黒酢誕生物語-竹之下松兵衛、情熱のアマン-」です。

 江戸時代後期、薩摩藩の福山に竹之下松兵衛という天才が生まれました。彼は、やがて薩摩(鹿児島)を代表する特産物を発明するのです。

 西郷さんも凄いが松兵衛さんも凄いのです。竹之下松兵衛さんの黒酢は、当時、松兵衛酢と言われ、人々に親しまれていたのです。そしてその松兵衛さんを日本で初めて描いた本が鹿児島学術文化出版より好評発売中です。

誰が読んでも感動間違いないしの大傑作の作品です。これが本物の黒酢誕生物語の本です。

f:id:looby-kou:20160831223910j:plain

神野幸太郎さんが描く情熱と感動の物語です。鹿児島の新たな歴史と文化の再発見!

・ブックスオプシアミスミさん

・AZ かわなべさん

・道の駅 かわなべさん

・晴天街さん

・鹿児島学術文化出版さん

・書店さん

ミュージアム陽だまり

で好評発売中です。